結婚相手の選び方

婚活

 「この人と結婚して良いのかな」「婚活しているけれど、どの人にしたらいいか選べない」「今の彼より元彼の方が好きかも」結婚のパートナー選びは生涯で重要な選択です。相手選びの参考にしてください。

結論:男誰でも一緒説

理由

 俳優さんも、アーティストさんも、政治家さんも、億万長者の実業家さんも、研究者さんも、バイトさんも、夢追いバンドマンさんも、公務員さんも、土建さんも、、、みんな家に帰れば、職業の仮面を取った、ただの一人の男になるからです。正直どの人を選んでも大差はありません。「男誰でも一緒」と思っておいて良いでしょう。

 で、終わってしまってはアレですので、結婚の理由や条件を決めましょう。

ワーク

①あなたはどんな人と結婚したいですか?または、その彼とは何故結婚したいですか?結婚したい相手を想像して、書き出してみてください。

②あなたは何故結婚をしたいですか?結婚の条件はなんですか。まとまらなくて大丈夫なので、思いつくことを自由に書き出してみてください。下記は一例です。

  • 大好きだから一生一緒に居たい
  • 他の女性に取られたくない
  • その人を応援したい
  • この人の子供が欲しい
  • お金に不自由したくない
  • 趣味が似ていて、一緒にいて楽しい
  • 波長が合うから楽
  • 長く付き合ってきてお互いをわかっている
  • 真面目で誠実な所がいい
  • 家族を大切にしてくれそう

などでもいいですし、

  • 正反対の性格、育った環境も間逆で、もっと知りたい
  • なぜだか惹かれてしまう

も良いですし、

  • プロポーズされたから
  • お見合い
  • 長く付き合ったし
  • この人逃したら、もう無いかも

結婚をしたい理由としては

  • 安定した人生にしたい
  • 子供が欲しい
  • なんとなく当たり前だと思うし
  • 結婚したら一人前な気がする
  • 専業主婦になりたい
  • 生計を一緒にすれば楽になる
  • 両親や育った家庭のようなものを自分も欲しい

 書けましたか?それはあなたの人生における大事な価値観、指針になります。書いたものは大切に取っておき、見返せるようにしましょう。

解説

 どんな理由も条件も正解ですし、どのような理由でも大丈夫です!家庭は育てていくものです。喧嘩も摩擦も起きない100%ぴったりな人なんてものは、存在しません。

 憧れの俳優さんも、家に帰ればパンツ一丁で歩き、おならもするし、トイレは汚します。疲れている日は、あなたと会話もしないかもしれないし、イライラして八つ当たりしてくるかもしれません。家事は何もできないかもしれないし、女性がやって当たり前と思っているかもしれません。

 たとえ理想の人と結婚できても、たとえ世界一かっこいい人と結婚できたとしても、たとえ納得のいかない人と結婚しても、家に帰れば男性は大体一緒です。男性である前に、一人の人間です。家族になる以前に価値観の異なる他人です。その事実を忘れないようにしましょう。理想の人を探すのではなく、理想の関係になれるように、歩み寄って行ける人を見つける方が現実的です。その方法は別記事をご参照下さい。

こういう人は絶対避けましょう

  • 暴力を振るう人
  • 自立も自律もできていない人
  • ギャンブル癖、浮気癖のある人
  • 人に迷惑をかけることを良しとする人
  • 嘘つき
  • 盗み癖や、人としてアレな人

 当たり前のように見えますが、このような方と結婚したら大変です。以外と落とし穴になることがあるので注意してください。

お勧めの条件はひとつ

  • 誠実な人

 ここだけは譲らないことをお勧めします。結婚生活というものは信頼の上になりたちます。誠実でさえあれば、話し合いもできますし、改善の余地があります。大きなトラブルも起こしにくいでしょう。

 ジェットコースターのような映画のようなアップダウンのある人生がご希望でしたら、、、この条件は当てはまりませんけれど。

まとめ

 あなたの人生や価値観において、絶対に譲れない条件や、結婚したい理由を明確にしましょう。明確にした上で、100パーセント理想の男性とは出会えないことを理解しましょう。出会い、選ぶのではなく、育てましょう。パートナーも家庭も育てる心積もりでいてください。

コメント