家事を後回しにしなくなる方法

家事

 いつの間にか家の中が散らかっている、掃除しようと思っている個所が溜まっている、シンクに洗っていない食器があるなど、やることが溜まっている状態は脳にとって大変なストレスです。そんな状況を回避する、魔法のようなフレーズを今回は紹介します。

 家事は名前の無い仕事というものが沢山あります。家はリラックスできる場所であるはずなのに、家に帰ると余計に疲れる。そんな方はこの口癖を使ってみて下さい。

【今やれば楽】の口癖魔法

 なんだそんなことか。と思ったかもしれません。しかしこの口癖を使うことで、後回し癖が解消され、家は片付きます。家の中だけでなく、やらなくてはいけない日常のタスクや、仕事もできるようになります。タスクが無くなることで、脳内にゴミのように溜まっているものが綺麗になくなり、今まで感じたことのないようなすっきり感を味わえます。

口癖を変えることで人生は変わる

 ナポレオン・ヒルの「思考は現実になる」や、引き寄せの魔法、言霊など、その効果効能は良く聞くかと思います。いい言葉を使って自己肯定感を上げ、夢や目標に向かって自分を変えるような大きなことではなく、口癖を変えるだけで、あなたの行動が変わり、現実が変わります。適切なタイミングで使う言葉を変えるだけで大丈夫です。

【今やれば楽】口癖魔法の使用方法

 そのタイミングは、「めんどくさいな」「あとでいいや」「いつかやろう」という言葉が頭に浮んだ時です。その言葉を「今やれば楽」に変えてみてください。本当かな、めんどくさいな、今やりたくないな、と思うかと思います。はじめは意識して口に出してください。できれば3回唱えます。「今やれば楽」「今やれば楽」「今やれば楽」。3回言うと、「仕方が無い、やってみるか」と思えるはずです。

例1

 食後に食器を下げた時、食器洗いがめんどくさい時ありますよね。「お腹一杯。ご飯つくって疲れたし、一休みしよう」そのタイミングで「今やれば楽」と言ってみて下さい。

 もしも「後でやる」を選択した場合を考えてみましょう。

 一休み中も「ああ食器を片づけなきゃなぁ。めんどくさいなぁ。誰かやってくれないかなぁ。私ご飯つくったのに、片付けくらいやってくれても良くない?!家事手伝ってくれる旦那さんがよかったなぁ。めんどくさいなぁ。明日にしちゃおうかなぁ。今日は疲れたしなぁ」と休んでいる時間のはずなのに、どんどんネガティブな感情が積もっていくのではないでしょうか。寝る前にお茶を飲もうとキッチンに来た夫に、片付いていないシンクを見られ、「お前ちゃんとしろよ」などど言われ喧嘩。その後も食器洗いは後回しになり、明日の朝やることになったとしましょう。食器には食べカスが乾燥して付着。1度では取れず3度洗い。時間はかかるし、洗剤も必要ですね。朝こそ時間が無いのに食器洗いからはじまると時間のロスです。洗った食器をラックで乾かしますが、朝食を作っているうちにさらに上に積み重ね、できた朝食を盛る時には下からがさがさと取り出し布巾で拭かなくてはいけません。「ああめんどくさい。時間がない。家事嫌い」どんどん大変なサイクルになることがわかりますよね。

 では、「今やれば楽」を選択した場合を考えてみましょう。

 食器をシンクに置いた時、せっかく立ちあがったのでそのままシンクで、ちゃちゃっと洗ってしまいましょう。食べ終わった直後なので汚れは簡単に落ちます。そして「今やれば楽」と前向きな気持ちでいるので、自分の動きも心なしか軽やかになっていることを実感します。そのついでにコンロまわりもさっと拭きたくなったりします。テレビを見ながら休んでいる夫にもイライラしません。「お茶のみたいな」と甘えてみたら、夫が立ちあがって美味しい玉露を淹れてくれるかもしれません。ソファに座ってすっきりした気持ちで休めますね。朝は乾いた食器を仕舞うだけで、すぐに朝食を作り始められます。

例2

 お風呂掃除は重労働。仕事から帰って来て慌ただしい夕方、お風呂を沸かしたい。お風呂掃除をしなきゃいけない。屈むのめんどくさい。靴下脱ぐのめんどくさい。足が濡れるの嫌だな。お風呂掃除って意外と疲れますよね。誰かやってくれないかな、、、。

お風呂掃除の適切で楽なタイミングは「お風呂を最後に入った人が掃除する」です。

お風呂上がりに「今やれば楽」と唱えてみてください。

 バスタブの水面ラインに、洗剤をしゅっしゅと吹きかけ、湯の栓を抜きます。水位が下がると洗剤が延ばされ、全体に満面無くつき、汚れが浮き立ちます。水が抜けたらスポンジでささっとこするだけで綺麗になります。スポンジに残った泡で、壁や床、小物なんかもさっとこすってしまいましょう。最後の熱いシャワーを掛ければ菌の増殖は抑えられます。

 裸で足も濡れているし、お風呂で体があたたまっているので屈むのも億劫でありません。そして今やってしまえば、夕方億劫な気持がなくなります。お風呂あがりにやる効果はさらにあります。バスルームが蒸れている状態で洗うので、汚れは簡単に落ち、掃除時間が短縮されます。最後に、バスルームを24時間換気で乾かしてしまえば、カビも育ちにくいです。気分がよければ排水溝もちょちょっと掃除し、髪の毛を乾かしている間にカビキラーをしておく、とさらに良いです。

 家族のいる人にも、最後の人が掃除するとルールを決めてしまいましょう。

まとめ

 家事は一生続きます。名前の無い家事リストというものも流行りましたが、常にやることがあります。後回しにして、やることが積もっていくと、家に居ること自体がストレスになっていきます。結婚生活を楽しんで生き生きしている人たちは、やることをさくっと片付け、やりたいことに時間を使っています。使う言葉を「今やれば楽」に変えるだけで、毎日が楽になるのを実感できると思います。

コメント